スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--)
 

LCC

先週、休みをとって日本に帰った時のこと。


LCCの航空便を使い帰省したんだえけど、

今回、LCCの過酷な労働環境を垣間見た。


明らかに乗組員が疲れていた。


仁川から関空へと飛び立った飛行機の中で、

早速乗務員が作業を始めた。


税関申告書や、外国人入国書類を配布していた乗務員が俺の席まで来た時のこと。

「日本人です。」

と言うと、税関申告書と入国書類を俺に手渡した。

俺は、

「日本人だから外国人用の入国書類は要りません。」


と言うと、


「韓国に日本人が入国する時は必ず必要になります。」


と、乗務員。


韓国に入国??

何を言ってるんだこの乗務員は。。。と思いつつ、

俺も頭が回らなかったから、


「私は韓国での外国人登録のIDを持っているので要りません。」


と言っても、なかなか通じない。


逆に、何を言っているんだこの乗客は。。。

的な顔をされてしまった。


そして気づいた、

あ、この乗務員、このフライトが日本から韓国へ行くんだと勘違いしてる。


「あの、この便は日本に行きですよ。」


と言うと、ほんの瞬間動きが固まり、

その後、すぐさま乗務員の表情が変わった。


「大変申し訳ありません!!」


と言いながら、慌てて自分が配布を始めた席の方へ引き返して、

書類の配布をやり直し始めた。



改めて俺の席に来た頃、


「先程は大変失礼致しました。」


と謝ってきた。




乗務員の顔がめっちゃ疲れてる。。。


そりゃ疲れるわな、、、


LCC以外の航空会社の場合、一つのフライトが終わった後、

ある一定時間のインターバルがあるのに対し、

LCCの場合は、目的地の空港に着いたら

すぐに折り返しの準備をしてすぐに飛び立つことの繰り返し。


機内清掃なんかも経費削減の為全て乗務員が行う。

休む暇なんかない。

行ったり来たりの繰り返しだから目的地を間違えるのもわかる。


しんどいだろうね。



これはパイロットも同じ。

最近のLCCはパイロット不足らしい。

パイロットのなかの3割はどこかの航空会社でパイロットをしていた人で、

既に引退した60歳過ぎの人で締められていると言う。

中には70歳近いパイロットもいる。



いくらベテランパイロットでも、

休憩時間も無く一日中飛び続けてたら体力的にきついだろう。

歳も歳だし。。。



ネットにも載ってたけど、疲労からくる操縦時の人為的ミスが急増しているらしい。

更には機材の不具合もかなりあるらしい。


そりゃそうだ。

空港での機材のチェックの時間なんか殆どなさそうだし。




安いからいいといって乗るLCCだけど、

事故が起きて死んでしまったら元も子もない。


大きな事故が発生しないことを祈る。



ではぽちっとお願いします。
  ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ 韓国情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
2015-08-28(Fri)
 

コメントの投稿

非公開コメント

タメになります 

日韓線は、今年1月の連休で、成田発のチェジュ航空に1回、2011年のGWに羽田からエアアジア クアラルンプール経由シンガポールで1回、LCC利用は、合計2回ですが、安全面の不安はありますね。大田区在住で、基本は、羽田利用なので、いつもアシアナ利用が多い私ですが、このペースを守った方が良いかも知れません。^^
2015-08-29 10:24 | 田中 利博 | URL   [ 編集 ]

プロフィール

元(ゲン)

Author:元(ゲン)
元(ゲン):
千葉県産まれ
日本酒、ビール、映画、料理が好き

リョン:
大阪産まれ
牛肉、豚肉、鶏肉、とにかく肉が好き

You:
大阪生まれ  2011年2月生まれ

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新トラックバック
ランキング
↓クリックしてもらえるとこのブログのランキングが上がります!
にほんブログ村 海外生活ブログ 韓国情報へ
にほんブログ村
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。