スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--)
 

南大門市場でカルチジョリム

ソウル駅周辺での昼飯、もう諦めた。


というか、うまい食堂の少なさに慣れてきた。

それと同時に、韓国料理への拒絶反応が収まってきた。

とは言え、やっぱり好んで食いに行こうと思う気持ちは未だにない。


なんっつーかね、

韓国料理、味のパターンが少ない。


駐在前の出張ベースで来ていた頃からすると、

既に10年以上韓国料理食い続けてる。


もう何食っても感動を覚えない。

味一緒だし。



日本だとね、

いろんな地方行ったりしてその地の郷土料理食べたりすると、

未知の味に喜んだりするけど、韓国の場合、どこいっても辛いの一緒だし。。。


現地の人からしたら違いがわかるかもしれんけど、

俺にはわからん。




今日はそんなことを思わせた昼飯ねた。



とある日の昼飯、南大門市場にカルチジョリムを食いに行ってきた。


カルチ:太刀魚

ジョリム: 甘辛く煮込んだもん(だと思う)



1512klc.jpg


ごみごみした市場にこんな細い路地がある。







1512klc1.jpg



ここを進んでいくと、カルチジョリムの店が立ち並ぶ。






1512klc2.jpg



店頭でこうやって作ってるのをみると食欲がそそられる。






1512klc3.jpg


この時入った店はこんな店。


人気店なのかどうか知らんけど、社員がここがいいんだと。



注文は社員に任せた。



1512klc44.jpg


まずは焼き魚。





1512klc5.jpg


そんで、これがカルチジョリム


甘辛いタレが白いご飯に良くあう。

太刀魚はうまいんだけど、小骨が多すぎて食うのがめんどくさい。

ま、うまいからいいんだけど。



で、ここで思ったのは、

昔、済州島にリョンと行った時にカルチジョリム食ったけど、

ここで食うやつと、済州島で食ったのと、違いが良くわからん。



済州島の太刀魚の方が新鮮なのかもしれんけど、

ここまで濃くて辛い味でぐつぐつ煮込んだら新鮮もくそもないし。

そして甘辛い味は韓国全国どこも同じ味。



ま、あんま否定的なことばっか書いてもなんなんで、

どこで食ってもうまいってことにしとこう。


どこいっても同じ味ってことでもあるけど。。。

やめとこ。




ちなみに、

1512klc6.jpg


ケランチム

こういう観光客向けのとこだとケランチムサービスしてくんない。




店に観光客らしき日本人がいて、

南大門市場すごいね、

これだけ食べてこんなに安いんだ!


とか言うのが聞こえてきたけど、


実際、、、


そうでもないよ。






では、ぽちっとお願いします。
  ↓

にほんブログ村
スポンサーサイト
2015-12-29(Tue)
 

コメントの投稿

非公開コメント


プロフィール

元(ゲン)

Author:元(ゲン)
元(ゲン):
千葉県産まれ
日本酒、ビール、映画、料理が好き

リョン:
大阪産まれ
牛肉、豚肉、鶏肉、とにかく肉が好き

You:
大阪生まれ  2011年2月生まれ

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新トラックバック
ランキング
↓クリックしてもらえるとこのブログのランキングが上がります!
にほんブログ村 海外生活ブログ 韓国情報へ
にほんブログ村
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。