スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--)
 

続・続・続・続 アパート受難 神経質アジュンマ

あの張り紙以降、引越をしようか考える様になった。

ちょうど契約更新時期も近いし。



子供の小走りする足音で下の階に迷惑をかけまいと、

マットを買ったり、週末はなるべく外で遊ばせるようにしたり、

8時頃には寝かせつけたり、子供らに走らない様にしかったりしながら、

努力をしているにも関わらずあんな張り紙までされて、

引越するなんて、泣き寝入りするみたいで嫌だというリョン。


一方で、下の階の人と上手く付き合って行く方法はないものかと考えるリョン。




しかし、これまでの経緯からして、

こんな下の階の人と上手くやっていけるとは思えない。


泣き寝入りじゃなくて、こういう場合は逃げるが勝ちだと俺は思う。



そんなこんなで頭を悩ませている中、

下から上がってくる頻度が多くなってきた。



とある日、俺がまた会社から早く帰ってきたときのこと、

上がってきた。



その時は俺は出ずにリョンが出た。


何やら話しこんでる。

責められてる。

何やら、

一度下の階に来てどれだけうるさいか聞いてみろと言う。




俺も次第に頭に来て、

途中から割って入って


うちも注意してんだ!


と言って二人が話をしているところに割って入って、

ドアを閉めた。





ちょっとこれじゃまずいと思ったリョン。
(確かにまずいね)


一回ちゃんと話をしてくると言って、

すぐに下の階に下りて行った。



俺も行こうかと言ったら、

とりあえず、その人と二人で冷静に話をしてみるとのこと。


うん、そうだな。。。

俺が一緒に行ったらことを荒立てるだけだし。

俺のことよくわかってるわ。。。



とりあえずリョンを見送り、暫く待った。


10分、15分、、、なかなか帰ってこない。



もしかしたら下の階で、

夫婦そろってリョンのこと責め立ててるんじゃないかとか、

いろんな想像が頭によぎる。



不安になって、下の階まで下りた。

気持ちは戦闘態勢


インターホンを押す。



すると、、、



リョンがドアを開けた。



緊張した顔つきで、若干涙目で、


大丈夫、ちゃんと話をしてるから、上で待ってて。


と。



まぁ、そう言われたので戻るしかなかった俺。





暫くして、漸くリョンが部屋に戻ってきた。


めっちゃこわばった顔して、涙目になって、


いろいろと話をしたけど、理解し合えなかった。

自分がどれだけ努力してるか理解してもらうどころか、

今のマットなんかじゃ足りないからもっと分厚いマットを買えだとか、

家の中では子供に中履きを履かせろ、

外から人を呼ぶ時には必ず事前に知らせろ、

自分の子供達は家の中で走ったことなんかない。


などなど。


また、実際にリョンが下の階で子供らが小走りする音を聞いてみたけど、

よっぽどうちの上の男の子が走り回る音の方がよっぽどうるさかったらしい。


そりゃそうでしょ、5~6歳の男の子が走りまわったり、

ソファーから飛び降りたりするのに比べたら、

うちの小さな女の子が普通にぺたぺた小走りするよりどんなにうるさいか。



そんなこと全く聞く耳持たず。。。






理解し合えませんね、

何言っても無駄ですね、



と言って出てきたらしい。






リョン、良く頑張った。。。





つづく・・・



では、ぽちっとお願いします。
  ↓

にほんブログ村


スポンサーサイト
2016-04-13(Wed)
 

コメントの投稿

非公開コメント

逃げるが勝ちですよ 

元さんが仰るように、「逃げるが勝ち」ですよ。逃げるというよりも、その連中と関わらないようにする。これで元さん御一家の精神衛生が保たれるというものですよ。

 筋の通らぬ理不尽で根性の曲がった人間の相手をするほど、空しいものはありません。そもそも論ですが、件の騒音が元さん区画から発せられたものという確証があるのでしょうか。

 これは元さんも御承知の事とは存じますが、マンションを始めとする共同住宅での音や振動の響き方は決して直線的なものではないはずです。何故元さんリョンさんお二方が責めを負わねばならないのか。理解に苦しみます。
2016-04-13 20:47 | cda | URL   [ 編集 ]

リョンさん… 

偉いですね。ちゃんと話し合うなんて
我が家なら間違いなく最初から喧嘩腰です
そんな辛い思いするくらいならほんと『逃げるが勝ち』だと思います
結果どうなったか気になりますが、何よりリョンさんの心が落ち着いていますように…
2016-04-13 20:49 | ともとも | URL   [ 編集 ]

 

続きがまだですが…集合住宅の騒音(足音とか楽器の音とかテレビの音とか)って真上の階の音とは限らないそうですよ。
斜め上とか、上の上の階とかからも壁を伝わって届くので、ゲンさん宅の音が下のクレーマー宅に伝わってるとは限りません。
ですが、なんだか超やっかいそうな方だし、引っ越しを考えていらっしゃるようですし、あえて対決しなくてもいいかな…
奥様のストレスが大変そうですし。ホント、逃げるが勝ち、です。
最近知ったのですが、韓国には上の階からの音に対して「報復スピーカー」という商品があるようですね。天井に取り付けて重低音を出すスピーカーで、上の階に音で対抗する物だそうです。日本でも音漏れに関する事件や揉め事がありますが、さすがに報復スピーカーにはビックリしました。
2016-04-14 01:35 | マザー | URL   [ 編集 ]

Change Air 

心理学だったか人生訓だったか処世術だったか分からないけど、昔会社(外資)の教育で習ったことだが・・・
どうしようもなくなったら、ほんとに現状ではどうしようもなくなったら、最後の手段はChange Air、環境を変える、ということだ、と。
逃げるのではなく、環境を変える、のだと考えるべきだろう。
Change Airは、正々堂々としたしっかりした欧米式の立派な対処法だよ。 
二人とも(子供も含めて)よくこれまで我慢したね。 
新しい環境で、また頑張ろう。
2016-04-14 08:35 | ちばじい | URL   [ 編集 ]

Re: 逃げるが勝ちですよ 

cdaさん

子供が走れば上がってくる。なので、おそらくうちの騒音が原因だったのだとは思います。
おそらく・・・
私たちが考える常識と、相手が考える常識が合わなければ、
cdaさんの言うとおり、お互いに関わらない方が一番の策ですよね。
2016-04-14 08:48 | 元(ゲン) | URL   [ 編集 ]

Re: リョンさん… 

ともともさん

お久しぶりです。ご家族皆さんお元気ですか?
いや~私には無理ですね、こういう人との話し合いは。。。
リョンは良くやったと思いますよ。
2016-04-14 08:50 | 元(ゲン) | URL   [ 編集 ]

日本ですが 

まさに引越しした先がそうでした。
ちなみにうちに子供はおらず、夫婦共働きなので20時〜寝るまでの生活音がうるさいと激しくクレームがきました。20時以降にお風呂、キッチン、トイレ、歩く音がうるさいと(~_~;) もう、ここでは生活ができないとゆうのと、引越しをしたばかりだったので不動産屋さんになぜ事前に教えてくれなかったのかを問い合わせて、お金を全て戻してもらいすぐに引っ越しました、どこの国でも極端に神経質な人いるもんですね(~_~;) 悔しいけど引っ越しをおすすめです
2016-04-14 08:53 | うさぎ | URL   [ 編集 ]

Re: タイトルなし 

マザーさん

コメントありがとうございます。
実は私も下の階からの報復スピーカーの話を聞いたことがあります。
そんなものを商品化する気がしれないですね。
2016-04-14 08:58 | 元(ゲン) | URL   [ 編集 ]

Re: Change Air 

ちばじいへ

ありがとう。
確かに、環境を変えざるを得なかったよ。
新環境、どうなることか。
また遊びにおいで~
2016-04-14 09:00 | 元(ゲン) | URL   [ 編集 ]

Re: 日本ですが 

うさぎさん、

コメントありがとうございます。
本当にそうですよね、不動産紹介業者もそこらへんの調査サービスも行ってほしいものですよね。
全てお金戻ってきたんですね!?それはすごいです。
住居購入を考えるとぞっとしますね。。。
2016-04-14 09:02 | 元(ゲン) | URL   [ 編集 ]

プロフィール

元(ゲン)

Author:元(ゲン)
元(ゲン):
千葉県産まれ
日本酒、ビール、映画、料理が好き

リョン:
大阪産まれ
牛肉、豚肉、鶏肉、とにかく肉が好き

You:
大阪生まれ  2011年2月生まれ

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新トラックバック
ランキング
↓クリックしてもらえるとこのブログのランキングが上がります!
にほんブログ村 海外生活ブログ 韓国情報へ
にほんブログ村
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。